障害者の就職をサポートする施設があることを最近知りました。

障害者 就職支援

就職をしたいと希望している、障がい者ご本人や、そのご家族の皆さん、
2013年4月から、通称 障害者総合支援法 という法律が施行されました。
この法律には、障がい者の就労に関して、例を挙げますと、
・ 障がい者が就労できるように、福祉が支援する。
という、障害者就労移行支援と、
・ 障がい者が、就労を継続できるように、必要な知識、及び能力の向上を支援する。
という、就労継続支援が含まれています。

では、そのような、就労移行支援と、就労継続支援を、どこで受けることができるの、という方には、鴻巣職業訓練センターをご紹介します。
このセンターは、鴻巣市を中心とした、北本、行田、加須エリアなどからの、相談受け付け、障害者職業訓練、就労支援を行っている施設です。

簡単な就労までの流れを紹介しますと、
1 面談の後に、適性検査を行い、一人一人に対する支援計画を策定。
2 KPT(鴻巣プロフェッショナルトレーニング センター独自のトレーニング)、PC訓練、ビジネススキルトレーニングなどの、訓練を行って、能力の向上を図る。
3 就労見込みとなる、業種への実習を行い、就業意欲の高まらせるのと、課題の再発見をする。
4 本人の希望により、さまざまな検定を取得するように目指す。
5 模擬面接などを実施し、面接に自信を持てるようにする。
6 本番の面接のち、内定をもらい、就労する。
という、流れで、障がい者の方が、就職できるよう支援しています。
障害者の方で、求人を探している方は、鴻巣職業訓練センターなら、あなたに合った職種が見つかると思いますよ。

投稿日: